中折れハットとは、頭頂部の中央部分が正面から見て左右に、縦方向に折りこまれているハットタイプの帽子を指し、くぼみの先端につまみという部分があるのが特徴です。このようなタイプのハットは、普通の帽子と比べて個性を出しやすいというメリットがあり、また似合うタイプの中折れのものを選べばその人の魅力をさらに引き出してくれることでも愛用者が多い帽子のひとつに挙げられています。その一方で、中折れ式にもいくつか種類があり、一般的な帽子と比べて被る人の顔立ちによって合うタイプのものと、合わないタイプのものが存在します。 そのため中折れ式のハットの初心者は、しっかりと自分の顔立ちと顔の形を把握しておく必要があるというのも、中折れのハットの特徴といえるでしょう。

中折れ式のハットの選び方について

中折れハットを被ったことのない初心者の人は、まず自分の顔の形を把握しておくと良いでしょう。 ハットにも種類が多くあり、それぞれその人の顔に合ったものが用意されているためです。たとえば、丸顔や面長といった人は、丸みがかったかぶりが浅めの中折れ式のハットが似合うとされています。 浅めのタイプを選ぶことによって、丸顔の人は全体的な顔のフォルムにメリハリを引きだし、面長の人は面積をすっきりとした印象にさせることが可能となります。また、四角顔の人は、ツバが広く四角いシルエットのタイプを選ぶと良いでしょう。 同じフォルムのハットを被ることによって、ハットの効果で顔の四角いイメージを減退させ、より整った顔立ちに見せることができます。このように、自分の顔の形とハットの種類には深い関係があります。

顔立ちだけでなく季節によっても選択できるハット

その人の顔立ちや顔全体のフォルムをまとめたり、より魅力的に引きだしたりすることができる中折れハットは、他の特徴的な帽子と同様にどのような服装でもマッチしやすいというメリットがあります。 そのため中折れハット初心者の人は、自分の顔の特徴だけを把握すればよく、服装に関しては深く悩まなくて良いとされています。一方で、適当に選んでしまうと、その人の魅力を引きだせなくなるため、初心者の人は店員と相談するのもハット選びで失敗しない方法のひとつです。また、季節によって定番となる中折れ式のハットもあり、例えばペーパーハットと呼ばれている麦わら帽子に近いタイプのハットは、夏の季節に最適のタイプとなります。 ペーパーハットは全体的に値段が安価に設定されているため、初心者が試しに購入してみるという入門的な役割も担っています。